SNSでやってしまった失敗談

SNSでやってしまった失敗談

50才、男性のエッセイ : SNSは人間関係を作るものですが

SNSは人間関係を作るものですが、私は会社の上司との関係を崩してしまいました。

私は、コンピュータをwindows2000の時から使っています。当時、ネット上は特別な世界であり、本名や住所などを書くことは、危険な行為でした。
そのため、ヤフーIDをはじめ、ほとんど全ては匿名の架空のIDを使い、フリーアドレスを取得し、チャットで沢山の人と会話や相談をしていました。

そこに、たまたま会社の部長もいたのです。
昼間、会社では部下として、家に帰ると匿名の相談役として、彼の相談に誠実に長い間のっていました。
私は、全てお見通しですが、彼には夜の相談役が私だということは分かりませんでした。

しかし、私は、上司の心のうちが分かるので、その結果、何年にもわたって会社でも良好な人間関係を作ることができました。

ところが、その間、ネット環境が変わりました。
ミクシィ等の様々なSNSが出てましたが、その間も匿名IDを使った相談関係は変わりませんでした。

しかし、FACEBOOKが登場して、関係が一気に変わりました。
FACEBOOKは、ご丁寧にも機械が登録者のメルアドから勝手に知り合いを探し出して、「もしや、誰誰さんと知り合いではありませんか」と、相手に報告してしまいます。その結果、ある日、私のIDのメールアドレスから私の正体が、部長にばれたのです。

翌朝、仕事に出るといきなり別の部屋に呼び出され、ものすごい剣幕で怒らました。
私は部長の為に、何年もかけて会社でも家でも奉仕してきたつもりが、反対に「お前は、他人の悩みや夫婦関係を聞き出して、俺を笑いものにするつもりだったのか」と怒られてしまいました。
ネット環境も変わるものだと思い、今流行りのSNSには気をつけようと思いました。

Copyright (C)2019SNSでやってしまった失敗談.All rights reserved.